Home > 介護支援分野 > H21-問題4

H21-問題4

介護保険制度の創設に関する平成8年の老人保健福祉審議会報告の内容について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:必要な場合には、行政による措置を行うことが重要とされた。

2:サービス利用者全員に居宅介護支援を義務づけることが適当とされた。

3:ケアプラン作成の一連の手順は、要介護認定と連動して行うなどにより迅速かつ効率的な仕組みとすることが重要とされた。

4:ケアプラン作成は、介護保険制度の枠内で行うものであるから、近隣の協力など保険給付の対象とならないサポートは盛り込まないことが適当とされた。

5:施設入所者については、退所計画を作成することが適当とされた。

答:1・3・5

1:正しい。平成8年の老人保健福祉審議会報告では、必要な場合には、行政による措置を行うことが重要とされた。

2:誤り。平成8年の老人保健福祉審議会報告で、サービス利用者全員に居宅介護支援を義務づけることが適当とされたことはない。

3:正しい。平成8年の老人保健福祉審議会報告では、ケアプラン作成の一連の手順は、要介護認定と連動して行うなどにより迅速かつ効率的な仕組みとすることが重要とされた。

4:誤り。平成8年の老人保健福祉審議会報告では、ケアプラン作成には、近隣の協力など保険給付の対象とならないサポートも盛り込むことが適当とされた。

5:正しい。平成8年の老人保健福祉審議会報告では、施設入所者については、退所計画を作成することが適当とされた。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H21-問題4

Page Top

© 2011-2019 過去問.com