Home > 保健医療サービス分野(総合) > H20-問題41

H20-問題41

感染症について適切なものはどれか。2つ選べ。

1:感染症では、高蛋白血症を呈することもある。

2:介護保険施設において入所者がインフルエンザ予防接種を行っていれば、介護者は予防接種の必要はない。

3:MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の保菌者に対しては抗菌薬による除菌を行い、除菌が確認されるまで個室に隔離する。

4:ノロウイルス感染症の場合、下痢などの症状がなくなっても、便からのウイルスの排出が続く。

5:高齢者が感染症による下痢をしている場合には、脱水を防ぐため直ちに下痢止め(止瀉薬)を用いる。

答:1・4

1:正しい。感染症では、高蛋白血症を呈することもある。

2:誤り。介護保険施設においては、入所者だけではなく、介護者もインフルエンザ予防接種を行うべきである。

3:誤り。MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の保菌者に対しては抗菌薬による除菌を行うが、個室に隔離する必要はない。

4:正しい。ノロウイルス感染症の場合、下痢などの症状がなくなっても、便からのウイルスの排出が続く。

5:誤り。高齢者が感染症による下痢をしている場合には、脱水を防ぐため水分補給を行い、下痢止め(止瀉薬)を用いるかについては医師の指示に従う。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(総合) > H20-問題41

Page Top

© 2011-2019 過去問.com