Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H19-問題29

H19-問題29

精神に障害がある高齢者について適切なものはどれか。3つ選べ。

1:気分障害の症状の出現や再燃は、環境の変化に影響を受けるが、睡眠の量や質には影響を受けない。

2:神経症の者の頭痛、腹痛などの不定愁訴やチックなどの原因は、日常生活の中での不安であることが多い。

3:統合失調症の者には幻覚、妄想などの症状が現れにくいため、服薬を継続しなくてよい場合が多い。

4:アルコール依存症の者には、酒を飲まない環境を整備するとともに、本人が飲んでいないときに、立ち直りのための支援を行う必要がある。

5:知的障害がある者の理解力や日常生活行動の状況は、一人ひとり異なるため、その者が理解できる言葉や伝え方に留意する必要がある。

答:2・4・5

1:誤り。気分障害の症状の出現や再燃は、環境の変化だけではなく、睡眠の量や質にも影響を受ける。

2:正しい。神経症の者の頭痛、腹痛などの不定愁訴やチックなどの原因は、日常生活の中での不安であることが多い。

3:誤り。統合失調症の者には幻覚、妄想などの症状が現れることがあるため、医師の指示による服薬は継続しなければならない。

4:正しい。アルコール依存症の者には、酒を飲まない環境を整備するとともに、本人が飲んでいないときに、立ち直りのための支援を行う必要がある。

5:正しい。知的障害がある者の理解力や日常生活行動の状況は、一人ひとり異なるため、その者が理解できる言葉や伝え方に留意する必要がある。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H19-問題29

Page Top

© 2011-2018 過去問.com