Home > 法令(問11~問20) > R1法令-問18

R1法令-問18

次のイ、ロ、ハの記述のうち、製造設備が定置式製造設備である第一種製造者の製造施設に係る技術上の基準について冷凍保安規則上正しいものはどれか。

イ.冷媒設備の圧縮機が強制潤滑方式であって、潤滑油圧力に対する保護装置を有している場合であっても、その圧縮機の油圧系統を除く冷媒設備には圧力計を設けなければならない。

ロ.配管以外の冷媒設備について行う耐圧試験は、「水その他の安全な液体を使用することが困難であると認められるときは、空気、窒素等の気体を使用して許容圧力以上の圧力で行うことができる。」と定められている。

ハ.凝縮器には所定の耐震に関する性能を有しなければならないものがあるが、縦置円筒形であって、かつ、胴部の長さが5メートルの凝縮器は、その必要はない。

1:イ

2:ハ

3:イ、ロ

4:ロ、ハ

5:イ、ロ、ハ

答:1

イ.正しい。冷媒設備の圧縮機が強制潤滑方式であって、潤滑油圧力に対する保護装置を有している場合であっても、その圧縮機の油圧系統を除く冷媒設備には圧力計を設けなければならない。
冷凍保安規則 第七条

ロ.誤り。配管以外の冷媒設備について行う耐圧試験は、許容圧力の1.5倍以上の圧力で水その他の安全な液体を使用して行うものであるが、「水その他の安全な液体を使用することが困難であると認められるときは、空気、窒素等の気体を使用して許容圧力の1.25倍以上の圧力で行うことができる。」と定められている。
冷凍保安規則 第七条

ハ.誤り。凝縮器には所定の耐震に関する性能を有しなければならないものがあるが、
縦置円筒形であって、かつ、胴部の長さが5メートル未満のものについては、その必要がない。
冷凍保安規則 第七条

スポンサーリンク

Home > 法令(問11~問20) > R1法令-問18

Page Top

© 2011-2020 過去問.com