Home > ボイラーの構造(1~10) > H28後期-問4

H28後期-問4

暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにハートフォード式連結法により返り管を取り付ける目的は、次のうちどれか。

1:蒸気圧力の異常な昇圧を防止する。

2:熱伝達率を向上させる。

3:不純物のボイラーへの混入を防止する。

4:低水位事故を防止する。

5:燃焼効率を向上させる。

答:4

暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにハートフォード式連結法により返り管を取り付ける目的は、万が一暖房配管が空の状態になったときにでも少なくとも安全低水面までボイラー水が残るようにし、低水位事故を防止することである。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H28後期-問4

Page Top

© 2011-2019 過去問.com