Home > 2013年9月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

スポンサーリンク

学科-第1問(1)~(30)

2013年9月-学科-第1問(1)

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客に対し、税制の一般的な説明をすることは、税理士法に抵触する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(2)

住宅ローンの返済方法において、元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が少ないのは元利均等返済方式である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(3)

独立行政法人日本学生支援機構が取り扱う奨学金には、無利息の第一種奨学金と利息付(在学中は無利息)の第二種奨学金がある。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(4)

公的介護保険による保険給付の対象となるサービスを受けた者の自己負担割合は、原則として、そのサービスにかかった費用(食費、居住費等を除く)の3割である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(5)

遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫または兄弟姉妹である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(6)

生命保険募集人が生命保険を募集する際に、他の保険契約との比較において保険契約者等に誤解させるおそれのある比較表示や説明を行うことは、保険業法で禁止されている。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(7)

入院特約が付加されている終身保険を払済保険に変更した場合、その入院特約は消滅せずに保険期間満了まで有効である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(8)

家族傷害保険において補償の対象となる家族の範囲には、被保険者本人またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子が含まれる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(9)

個人賠償責任保険では、被保険者が飼っている犬が他人にかみついてケガをさせ、法律上の損害賠償責任を負った場合、補償の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(10)

人身傷害補償保険の被保険者が自動車事故により死傷した場合、過失相殺による減額をせずに、治療費など実際の損害額が保険金支払の対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(11)

株式の配当金は、発行会社の業績等の要因により、支払われないことやその額が増減することがある。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(12)

日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄の時価総額を基準とした株価指標である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(13)

外貨建てMMFを購入から30日未満で換金した場合、換金代金から信託財産留保額が徴収される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(14)

日本銀行による公開市場操作の買いオペレーションは、金融緩和政策の一環として実施される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(15)

投資信託の運用において、バリュー型運用とは、一般に、企業の業績や財務内容等からみて株価が割安な水準にあると判断される銘柄を選択して投資する手法をいう。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(16)

納税義務者と担税者が異なることを予定している税を間接税といい、間接税の例として消費税が挙げられる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(17)

一時所得の金額は、収入金額からその収入を得るために支出した金額を控除し、さらに特別控除額を控除した後の金額であり、その金額が総所得金額に算入される。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(18)

公的年金等に係る雑所得の金額は、その収入金額から公的年金等控除額を控除して計算する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(19)

契約者(=保険料負担者)および被保険者が同一人である生命保険契約において、相続人以外の者が死亡保険金を受け取った場合、その保険金は贈与税の課税対象となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(20)

公募株式投資信託を中途換金したことにより生じた譲渡損失の金額は、上場株式の譲渡所得の金額と通算することができる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(21)

不動産の登記事項証明書の交付請求ができる者は、対象不動産の所有者に限られる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(22)

都市計画法において、市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とされており、市街化区域と比較して開発行為や建築物の建築等が制限されている。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(23)

借地借家法で規定される定期借地権等のうち、事業用定期借地権等の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(24)

土地・建物を譲渡した場合の譲渡所得の金額の計算上控除することができる取得費には、取得の日以後譲渡の日までに納付した固定資産税が含まれる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(25)

不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、建物を取得するために要した負債の利子の額に相当する部分の金額は、損益通算の対象とならない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(26)

民法において、養子の相続分は実子の相続分の2分の1と定められている。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(27)

公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成される遺言であり、作成にあたっては証人2人以上の立会が必要である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(28)

「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けることにより、納付すべき相続税額が0(ゼロ)になる場合、相続税の申告書の提出は不要である。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(29)

相続または遺贈によって財産を取得した者が、相続開始の年において被相続人から贈与により取得した財産の価額は、原則として相続税の課税価格に算入され、贈与税の課税価格には算入されない。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

2013年9月-学科-第1問(30)

借地権の目的となっている土地(貸宅地)の相続税評価額は、原則として「自用地としての価額×(1-借地権割合)」の算式で算出する。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 2013年9月 試験問題と解答・解説 > 学科-第1問(1)~(30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com