Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第4問(問11)

2015年5月-実技-第4問(問11)

野村忠則さんが契約している普通傷害保険の主な内容は、下記<資料>のとおりである。次の1~3のケース(該当者は野村忠則さんである)のうち、保険金の支払い対象とならないケースはどれか。なお、1~3のケースはいずれも保険期間中に発生したものである。また、<資料>に記載のない事項については一切考慮しないこととする。

1:自宅で地震により倒れてきた食器棚の下敷きになり、頭にケガをして入院した。

2:勤務先でガス爆発事故が発生し、腕にやけどを負って通院した。

3:自転車に乗ってスーパーマーケットへ買い物に行く途中に転倒し、手首を捻挫して通院した。

答:1

1:正しい。地震もしくは噴火またはこれらによる津波による障害は、保険金の支払い対象とはならない。

2:誤り。勤務先でガス爆発事故が発生し、腕にやけどを負って通院した場合は、保険金の支払い対象となる

3:誤り。自転車に乗ってスーパーマーケットへ買い物に行く途中に転倒し、手首を捻挫して通院した場合は、保険金の支払い対象となる


普通傷害保険
家庭内、職場内、通勤途上、スポーツ中、旅行中などの日常生活において、急激かつ偶然な外来の事故により、身体に傷害を負った場合に保険金が支払われる。地震もしくは噴火またはこれらによる津波による障害は、保険金の支払い対象とはならない。

スポンサーリンク

Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第4問(問11)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com