Home > 学科-第1問(1)~(30) > 2015年5月-学科-第1問(26)

2015年5月-学科-第1問(26)

相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうちに相続を放棄した者がいる場合、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数となる。

この文章が正しいか誤っているか答えなさい。

答:正しい

相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうちに相続を放棄した者がいる場合、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数となる。

スポンサーリンク

Home > 学科-第1問(1)~(30) > 2015年5月-学科-第1問(26)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com