Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2013年9月-実技-第7問(問16)

2013年9月-実技-第7問(問16)

啓さんは、マンション購入に際しては住宅ローンを利用する予定であるため、民間金融機関の住宅ローンについて理解を深めておきたいと思い、FPの夏目さんに質問をした。民間金融機関の住宅ローンに関する夏目さんの次の説明のうち、最も適切なものはどれか。

1:「固定金利型は、当初決められた金利が返済終了まで変わりません。一般に、高金利時においては、固定金利型を選択すると有利であると言われています。」

2:「元利均等返済は、元金と利息を合わせた毎回の返済額が一定の返済方式です。返済初期は毎月の返済額のうち利息の占める割合が大きいものの、元金均等返済よりも総支払利息が少ないというメリットがあります。」

3:「一部繰上げ返済を行う場合、その繰上げ返済額は返済中の住宅ローンの元金部分に充当されます。」

答:3

1:不適切。固定金利型は、当初決められた金利が返済終了まで変わらない。一般に、高金利時においては、固定金利型を選択することは不利であると言われている。

2:不適切。元利均等返済は、元金と利息を合わせた毎回の返済額が一定の返済方式である。返済初期は毎月の返済額のうち利息の占める割合が大きく、元金均等返済よりも総支払利息が多くなるというデメリットがある。

3:適切。一部繰上げ返済を行う場合、その繰上げ返済額は返済中の住宅ローンの元金部分に充当される。

スポンサーリンク

Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2013年9月-実技-第7問(問16)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com