Home > 福祉サービス分野 > H22-問題59

H22-問題59

日常生活自立支援事業について正しいものはどれか。2つ選べ。

1:日常生活自立支援事業は、判断能力の不十分な者が、市町村と契約を結び、福祉サービスの利用に関する援助等を受けるものである。

2:支援内容には、日用品等の代金を支払うための預貯金の払戻などの金銭管理は含まれない。

3:支援内容には、介護保険サービス事業者との契約締結などの手続き援助が含まれるが、介護保険サービスの苦情対応の援助は含まれない。

4:支援内容には、要介護認定等に関する調査に立ち会い、本人の状況を正しく調査員に伝えることが含まれる。

5:都道府県・指定都市社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会が、事業全体の運営監視と利用者からの苦情解決に当たる。

答:4・5

1:誤り。日常生活自立支援事業は、判断能力の不十分な者が、都道府県・指定都市社会福祉協議会と契約を結び、福祉サービスの利用に関する援助等を受けるものである。

2:誤り。日常生活自立支援事業の支援内容には、日用品等の代金を支払うための預貯金の払戻などの日常的な金銭管理も含まれる。

3:誤り。日常生活自立支援事業の支援内容には、介護保険サービス事業者との契約締結などの手続き援助や、介護保険サービスの苦情対応の援助が含まれる。

4:正しい。日常生活自立支援事業の支援内容には、要介護認定等に関する調査に立ち会い、本人の状況を正しく調査員に伝えることが含まれる。

5:正しい。都道府県・指定都市社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会が、日常生活自立支援事業全体の運営監視と利用者からの苦情解決に当たる。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H22-問題59

Page Top

© 2011-2019 過去問.com