Home > 福祉サービス分野 > H22-問題47

H22-問題47

相談援助におけるワーカーの姿勢について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1:ワーカーは、抱えている問題でクライエントを類型化するのではなく、一人ひとりを個別の存在として理解する。

2:ワーカーは、認知症の人が自分自身で判断しないとき、代わりに決定を下すようにする。

3:ワーカーは、自らの価値観でクライエントを評価したり、非難したりしない。

4:ワーカーは、クライエントの問題を理解することの妨げになるので、クライエントが表出する感情には対応しない。

5:ワーカーは、クライエントが打ち明けた情報をクライエントの許可なく第三者に漏らしてはならない。

答:1・3・5

1:正しい。ワーカーは、抱えている問題でクライエントを類型化するのではなく、一人ひとりを個別の存在として理解する。

2:誤り。ワーカーは、認知症の人が自分自身で判断しないとき、判断のための援助を行うが、代わりに決定を下してはならない。

3:正しい。ワーカーは、自らの価値観でクライエントを評価したり、非難したりしない。

4:誤り。ワーカーは、クライエントが感情を表出した場合、感情的に巻き込まれることがないように注意しながら、情緒的関与を行う。

5:正しい。ワーカーは、クライエントが打ち明けた情報をクライエントの許可なく第三者に漏らしてはならない。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H22-問題47

Page Top

© 2011-2019 過去問.com