Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H22-問題38

H22-問題38

疾患に関する次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1:慢性硬膜下血腫は、血腫除去術の治療を行っても臨床症状の改善は期待できない。

2:インスリン治療中の糖尿患者では、食事が全くとれない場合でも、基礎分泌量に相当するインスリンが必要であるため、インスリン注射を自己判断で中止してはいけない。

3:脊髄小脳変性症は、安静時振戦、筋固縮、仮面様顔貌などを主症状とする神経変性疾患である。

4:関節リウマチの特徴として、手の関節腫脹が左右対称であること、1時間以上続く朝のこわばりなどがあげられる。

5:適切な薬物療法等を行えば、がん患者におけるがん性疼痛や呼吸困難感などの症状は、在宅においても緩和可能である。

答:2・4・5

1:誤り。慢性硬膜下血腫は、血腫除去術の治療を行うことで症状の改善が期待できる。

2:正しい。インスリン治療中の糖尿患者では、食事が全くとれない場合でも、基礎分泌量に相当するインスリンが必要であるため、インスリン注射を自己判断で中止してはいけない。

3:誤り。パーキンソン病は、安静時振戦、筋固縮、仮面様顔貌などを主症状とする神経変性疾患である。

4:正しい。関節リウマチの特徴として、手の関節腫脹が左右対称であること、1時間以上続く朝のこわばりなどがあげられる。

5:正しい。適切な薬物療法等を行えば、がん患者におけるがん性疼痛や呼吸困難感などの症状は、在宅においても緩和可能である。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H22-問題38

Page Top

© 2011-2019 過去問.com