Home > 介護支援分野 > H22-問題25

H22-問題25

要介護2の利用者Aさんは、居宅介護支援事業者のB介護支援専門員に毎日のように電話してくる。いったん電話をとると2時間は話を止めてくれないが、さほどの用ではない。対応に困っている居宅介護支援事業所の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1:「業務妨害に当たるので警察に通報します。」とAさんに伝えた。

2:「当事業所では対応できないので契約を解除します。」とAさんに伝えた。

3:Aさんがなぜそのような行動をするのかをアセスメントした。

4:地域包括支援センターに現状を説明し、助言を依頼した。

5:直ちにAさんの居宅介護支援を保険者が運営している居宅介護支援事業所に移管した。

答:3・4

1:誤り。対応に苦慮する場合であっても、業務妨害ととらえて警察に通報することは不適切である。

2:誤り。対応に苦慮する場合でも、正当な理由なく契約を解除することはできない。

3:正しい。対応に苦慮する利用者がいる場合には、なぜそのような行動をするのかをアセスメントすることは適切な対応である。

4:正しい。対応に苦慮する利用者がいる場合には、地域包括支援センターに現状を説明し、助言を依頼することは適切な対応である。

5:誤り。対応に苦慮するからといって、直ち居宅介護支援を保険者が運営している居宅介護支援事業所に移管することは適切とはいえない。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H22-問題25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com