Home > 福祉サービス分野 > H21-問題49

H21-問題49

援助困難事例への対応方法について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1:初回訪問時にクライエントが支援を拒否した場合は、クライエントの意思を尊重し、その後の支援は中止する。

2:サービスの利用を拒むクライエントにその理由を尋ねることは、クライエントの自尊心を傷つける危険性が高いので、行わないほうがよい。

3:家族間の葛藤には複雑な背景があることもあり、多少の助言では改善されないことも多いが、それでも家族関係の調整的援助を行っていく必要がある。

4:クライエントに認知症やサービスについての理解や知識が不足している場合でも、その状態を認めることが大切であり、知識や情報の提供は行わない。

5:サービスに対するクライエントの理解を妨げないように、専門用語や外来語はなるべく使わないようにして情報の提供を行う。

答:3・5

1:誤り。初回訪問時にクライエントが支援を拒否した場合でも、クライエントには支援の必要性について理解を得られるよう、継続して働きかけるべきである。

2:誤り。サービスの利用を拒むクライエントに対しては、その理由を尋ねて対応を検討することが必要である。

3:正しい。家族間の葛藤には複雑な背景があることもあり、多少の助言では改善されないことも多いが、それでも家族関係の調整的援助を行っていく必要がある。

4:誤り。クライエントに認知症やサービスについての理解や知識が不足している場合には、必要な知識や情報を提供する必要がある。

5:正しい。サービスに対するクライエントの理解を妨げないように、専門用語や外来語はなるべく使わないようにして情報の提供を行う。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H21-問題49

Page Top

© 2011-2019 過去問.com