Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H21-問題37

H21-問題37

居宅療養管理指導について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:訪問看護師が療養上の相談及び支援を行った場合には、居宅療養管理指導費を算定することができる。

2:栄養士は、利用者ごとの栄養ケア計画を作成し、これに基づき栄養管理を行うことにより、居宅療養管理指導費を算定することができる。

3:居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の範囲内で適用されるサービスである。

4:サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は歯科医師の訪問先において開催することが可能である。

5:居宅療養管理指導は、通院が困難な在宅の利用者に対して提供されるサービスである。

答:1・4・5

1:正しい。訪問看護師が療養上の相談及び支援を行った場合には、居宅療養管理指導費を算定することができる。

2:誤り。管理栄養士が、利用者ごとの栄養ケア計画に基づき栄養管理を行った場合は、居宅療養管理指導費を算定することができる。

3:誤り。居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の適用外のサービスである。

4:正しい。サービス担当者会議は、開催する場所についての規定がなく、居宅療養管理指導を行う医師又は歯科医師の訪問先において開催することが可能である。

5:正しい。居宅療養管理指導は、通院が困難な在宅の利用者に対して提供されるサービスである。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H21-問題37

Page Top

© 2011-2019 過去問.com