Home > 介護支援分野 > H21-問題7

H21-問題7

介護保険事業計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:都道府県介護保険事業支援計画において、介護専用型特定施設入居者生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。

2:都道府県介護保険事業支援計画において、認知症対応型共同生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。

3:市町村が介護保険事業計画を定めるときは、あらかじめ都道府県の意見を聴かなければならない。

4:市町村介護保険事業計画及び都道府県介護保険事業支援計画は、3年を1期として定める。

5:市町村は、介護保険事業計画において保険料を定めなければならない。

答:1・3・4

1:正しい。都道府県介護保険事業支援計画において、介護専用型特定施設入居者生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。

2:誤り。市町村介護保険事業計画において、認知症対応型共同生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。

3:正しい。市町村が介護保険事業計画を定めるときは、あらかじめ都道府県の意見を聴かなければならない。

4:正しい。市町村介護保険事業計画及び都道府県介護保険事業支援計画は、3年を1期として定める。

5:誤り。市町村は、第1号保険者の保険料の額を、政令で定める基準に従い、条例で定める保険料率に基づき算定する。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H21-問題7

Page Top

© 2011-2019 過去問.com