Home > 介護支援分野 > H20-問題17

H20-問題17

居宅介護支援サービスの開始過程について正しいものはどれか。2つ選べ。

1:介護支援専門員は、介護支援専門員証を携行し、利用者又はその家族から求められたときはこれを提示しなければならない。

2:介護支援専門員が要援護高齢者を発見した場合には、直ちに要介護認定のための調査を行わなければならない。

3:介護支援専門員が要援護高齢者に対して要介護認定を受けることを勧めることは、利益誘導に当たることから禁じられている。

4:介護支援専門員は、家族で十分介護を担うことができると判断した場合には、要介護認定の申請の申し出があっても、その申請を代行してはならない。

5:指定居宅介護支援事業者は、居宅介護支援を求められたときは、被保険者証によって要介護認定の有無等を確かめなければならない。

答:1・5

1:正しい。介護支援専門員は、介護支援専門員証を携行し、利用者又はその家族から求められたときはこれを提示しなければならない。

2:誤り。介護支援専門員が要援護高齢者を発見した場合には、要介護認定を受けることを勧めるべきである。

3:誤り。介護支援専門員が要援護高齢者に対して要介護認定を受けることを勧めることは、利益誘導に当たるとはいえない。

4:誤り。介護支援専門員は、家族で十分介護を担うことができると判断した場合でも、要介護認定の申請の申し出があれば、その申請を代行してもよい。

5:正しい。指定居宅介護支援事業者は、居宅介護支援を求められたときは、被保険者証によって要介護認定の有無等を確かめなければならない。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H20-問題17

Page Top

© 2011-2019 過去問.com