Home > 福祉サービス分野 > H19-問題47

H19-問題47

集団援助技術(ソーシャルグループワーク)について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1:問題を抱えるメンバー同士の相互作用が、問題解決への動機付けになる。

2:メンバーが、他のメンバーから新たな対処方法を学ぶ事ができる。

3:黙っていて発言しないメンバーは、グループにいる意味がない。

4:グループ内に複数の小グループができることは、集団過程(グループプロセス)の一つである。

5:メンバーの主体的な活動を尊重し、ワーカーは意図的に介入しない。

答:1・2・4

1:正しい。集団援助技術(ソーシャルグループワーク)では、問題を抱えるメンバー同士の相互作用が、問題解決への動機付けになる。

2:正しい。集団援助技術(ソーシャルグループワーク)では、メンバーが、他のメンバーから新たな対処方法を学ぶ事ができる。

3:誤り。集団援助技術(ソーシャルグループワーク)では、黙っていて発言しないメンバーにも、社会参加の機会や影響を与える。

4:正しい。集団援助技術(ソーシャルグループワーク)でグループ内に複数の小グループができることは、集団過程(グループプロセス)の一つである。

5:誤り。集団援助技術(ソーシャルグループワーク)では、メンバーの主体的な活動を尊重しながらも、ワーカーは意図的に介入して援助する必要がある。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H19-問題47

Page Top

© 2011-2019 過去問.com