Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H19-問題37

H19-問題37

在宅での医療管理について適切なものはどれか。2つ選べ。

1:人工透析には、大きく分けて血液透析と腹膜透析があり、腹膜透析を行う場合、週3回程度の定期的な通院が必要となる。

2:在宅酸素療法が適用される疾患としては、慢性閉塞性肺疾患が最も多い。

3:在宅成分栄養経管栄養療法は、経口摂取ができない患者に高カロリー液を輸液する方法である。

4:前立腺肥大症、膀胱頚部硬化症及び尿道狭窄が原因で自然排尿が困難な場合には、膀胱留置カテーテル法による排尿管理を第一に考える。

5:在宅人工呼吸療法は、主として神経難病や長期の意識障害を持つ者に利用される。

答:2・5

1:誤り。人工透析には、大きく分けて血液透析と腹膜透析があり、血液透析を行う場合、週3回程度の定期的な通院が必要となる。

2:正しい。在宅酸素療法が適用される疾患としては、慢性閉塞性肺疾患が最も多い。

3:誤り。在宅成分栄養経管栄養療法は、経口摂取ができない患者に経管栄養食を注入する方法である。

4:誤り。前立腺肥大症、膀胱頚部硬化症及び尿道狭窄が原因で自然排尿が困難な場合には、自己導尿による排尿管理を第一に考える。

5:正しい。在宅人工呼吸療法は、主として神経難病や長期の意識障害を持つ者に利用される。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H19-問題37

Page Top

© 2011-2018 過去問.com