Home > 福祉サービス分野 > H22-問題51

H22-問題51

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:通所介護は、社会的孤独感の解消、心身の機能の維持、家族の介護負担の軽減を目的としており、入浴や食事等のサービスの提供のみを目的とするものではない。

2:居宅サービス計画に通所介護が組み込まれたことがサービス担当者会議で確認されたのち、介護支援専門員が通所介護計画を作成しなければならない。

3:通所介護計画は、その内容について利用者に説明して同意を得た上で作成し、利用者に口頭で示せばいい。

4:療養通所介護計画は、訪問看護計画書が作成されている場合には、その訪問介護計画との調整を図りつつ、作成しなければならない。

5:指定療養通所介護事業者は、安全かつ適切なサービスを提供するため、安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

答:1・4・5

1:正しい。通所介護は、社会的孤独感の解消、心身の機能の維持、家族の介護負担の軽減を目的としており、入浴や食事等のサービスの提供のみを目的とするものではない。

2:誤り。通所介護計画は、既に居宅サービス計画が作成されている場合は、当該居宅サービス計画の内容に沿って、指定通所介護事業所の管理者が作成しなければならない。

3:誤り。通所介護計画は、その内容について利用者の同意を得た上で作成し、当該通所介護計画を利用者に交付しなければならない。

4:正しい。療養通所介護計画は、訪問看護計画書が作成されている場合には、その訪問介護計画との調整を図りつつ、作成しなければならない。

5:正しい。指定療養通所介護事業者は、安全かつ適切なサービスを提供するため、安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H22-問題51

Page Top

© 2011-2019 過去問.com