Home > 保健医療サービス分野(総合) > H22-問題44

H22-問題44

薬剤に関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1:前立腺が肥大している患者に尿閉を起こし得る薬剤として代表的なものに、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、向精神薬などがある。

2:副腎皮質ステロイド薬の長期服用中には消化性潰瘍が生じやすいため、食欲がない場合には、服用を直ちに差し控えたほうがよい。

3:脳血栓は再発が少なくないので、再発防止を目的とした血圧管理と血栓防止のための服薬が重要である。

4:パーキンソン病の治療薬であるドーパミン製剤は、服用を突然中止すると、高熱、意識障害、著しい筋固縮などを呈する悪性症候群を生じる恐れがある。

5:高齢者は腎機能が低下しているため、薬の副作用が減弱することが多い。

答:1・3・4

1:正しい。前立腺が肥大している患者に尿閉を起こし得る薬剤として代表的なものに、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、向精神薬などがある。

2:誤り。副腎皮質ステロイド薬の長期服用中には消化性潰瘍が生じやすいため、食欲がない場合には、医師に相談してその指示に従う。

3:正しい。脳血栓は再発が少なくないので、再発防止を目的とした血圧管理と血栓防止のための服薬が重要である。

4:正しい。パーキンソン病の治療薬であるドーパミン製剤は、服用を突然中止すると、高熱、意識障害、著しい筋固縮などを呈する悪性症候群を生じる恐れがある。

5:誤り。高齢者は腎機能が低下しているため、薬の副作用が増強することが多い。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(総合) > H22-問題44

Page Top

© 2011-2019 過去問.com