Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H21-問題34

H21-問題34

終末期について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1:がんの場合には、個人差はあるものの、長い期間にわたり徐々に身体機能が低下していく。

2:心臓、肺、肝臓などの臓器不全の場合には、個人差はあるものの、日常生活は死の間際まで自力で行えることが多い。

3:老衰や認知症などの場合には、個人差はあるものの、長い期間を要して徐々に機能が低下していくため、最期を予測することが難しい。

4:がんや慢性疾患の場合には、本人の状態を考慮し、在宅ケアにこだわることなく、医療機関への入院を選択肢として想定しておく必要がある。

5:老衰や認知症などの場合には、廃用症候群の悪化を予防するために、リハビリテーション専門職の定期的な関わりや評価が必要である。

答:3・4・5

1:誤り。がんの場合の身体機能低下は、個人差があり、短期間に進行することもある。

2:誤り。心臓、肺、肝臓などの臓器不全の場合には、個人差はあるものの、日常生活を死の間際まで自力で行うことは難しい。

3:正しい。老衰や認知症などの場合には、個人差はあるものの、長い期間を要して徐々に機能が低下していくため、最期を予測することが難しい。

4:正しい。がんや慢性疾患の場合には、本人の状態を考慮し、在宅ケアにこだわることなく、医療機関への入院を選択肢として想定しておく必要がある。

5:正しい。老衰や認知症などの場合には、廃用症候群の悪化を予防するために、リハビリテーション専門職の定期的な関わりや評価が必要である。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H21-問題34

Page Top

© 2011-2019 過去問.com