Home > 介護支援分野 > H21-問題22

H21-問題22

地域密着型サービスにおける介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:小規模多機能型居宅介護事業者の介護支援専門員は、登録された利用者の居宅サービス計画及び小規模多機能型居宅介護計画の作成を行う。

2:認知症対応型共同生活介護事業者の計画作成担当者には、介護支援専門員でない者もいる。

3:認知症対応型共同生活介護計画の作成に当たっては、利用者の同意が義務づけられていない。

4:地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者が常時の介護が必要となった場合には、介護老人福祉施設への入所を勧めなければならない。

5:小規模多機能型居宅介護計画は、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、他の従業者と協議の上、作成される。

答:1・2・5

1:正しい。小規模多機能型居宅介護事業者の介護支援専門員は、登録された利用者の居宅サービス計画及び小規模多機能型居宅介護計画の作成を行う。

2:正しい。認知症対応型共同生活介護事業者の計画作成担当者には、介護支援専門員でない者もいる。

3:誤り。認知症対応型共同生活介護計画の作成に当たっては、利用者の同意を得なければならない。

4:誤り。地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者が常時の介護が必要となった場合で、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な者に対し、指定地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護を提供する。

5:正しい。小規模多機能型居宅介護計画は、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、他の従業者と協議の上、作成される。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H21-問題22

Page Top

© 2011-2019 過去問.com