Home > 介護支援分野 > H21-問題20

H21-問題20

居宅介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:指定居宅介護支援事業所の管理者は、介護支援専門員でなければならない。

2:指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始後、速やかに重要事項を記した文書を利用者に交付しなければならない。

3:指定居宅介護支援事業者は、利用の申し込みがあった場合には、市町村に申込者の被保険者資格の確認を行わなければならない。

4:介護支援専門員は、初回訪問時又は利用者若しくはその家族から求められたときには、身分を証する書類を提示しなければならない。

5:利用者の日常生活全般を支援する観点から、地域住民の自発的な活動によるサービスを居宅サービス計画上に位置づけるよう努めなければならない。

答:1・4・5

1:正しい。指定居宅介護支援事業所の管理者は、介護支援専門員でなければならない。

2:誤り。指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、利用申込者又はその家族に対し、重要事項を記した文書を交付して説明を行い、利用申込者の同意を得なければならない。

3:誤り。指定居宅介護支援事業者は、利用の申し込みがあった場合には、その者の提示する被保険者証によって、被保険者資格、要介護認定の有無及び要介護認定の有効期間を確かめなければならない。

4:正しい。介護支援専門員は、初回訪問時又は利用者若しくはその家族から求められたときには、身分を証する書類を提示しなければならない。

5:正しい。居宅介護支援においては、利用者の日常生活全般を支援する観点から、地域住民の自発的な活動によるサービスを居宅サービス計画上に位置づけるよう努めなければならない。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H21-問題20

Page Top

© 2011-2019 過去問.com