Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H20-問題30

H20-問題30

次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。

1:インスリンの自己注射は、血糖をコントロールしやすく、食事摂取量に留意する必要がないため、糖尿病の高齢者や家族の負担が少ない。

2:膀胱留置カテーテルを挿入している高齢者に尿路感染が疑われる場合、血液検査の主要な指標としては、CRP(C反応性蛋白)や白血球数が挙げられる。

3:在宅酸素療法により、慢性呼吸不全の高齢者の症状は改善され、その治癒も可能となる。

4:人工呼吸器を装着している場合には、機器の取扱いや管理が複雑となるので、外出ができなくなる。

5:がんの疼痛管理に当たっては、本人、家族、医師、看護師等が十分に話し合いをした上で、本人の状況に適した方法を実施し、その効果を評価する。

答:2・5

1:誤り。インスリンの自己注射を行う場合は、血糖をコントロールするために、食事摂取量に留意しなければならない。

2:正しい。膀胱留置カテーテルを挿入している高齢者に尿路感染が疑われる場合、血液検査の主要な指標としては、CRP(C反応性蛋白)や白血球数が挙げられる。

3:誤り。在宅酸素療法により、慢性呼吸不全の高齢者の症状は改善されるが、完治することは難しい。

4:誤り。人工呼吸器を装着している場合でも、外出用のバッテリーなどを利用することで、外出することが可能となる。

5:正しい。がんの疼痛管理に当たっては、本人、家族、医師、看護師等が十分に話し合いをした上で、本人の状況に適した方法を実施し、その効果を評価する。

スポンサーリンク

Home > 保健医療サービス分野(基礎) > H20-問題30

Page Top

© 2011-2019 過去問.com