Home > ケアマネージャーとは

スポンサーリンク

ケアマネージャーとは

ケアマネージャー

■正式名称は「介護支援専門員」。
■介護保険法に基づく公的資格である。
■ケアマネージャーは、介護保険制度により要支援・要介護と認定された人に対して、ケアプラン(介護サービス計画)を作成し、適切なサービスを受けられるよう、介護全般に関する相談援助・関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理等を行う。

ケアマネージャー試験

■正式名称は「介護支援専門員実務研修受講試験」。
■介護支援専門員として任用されるには都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修」を修了して登録する必要があり、研修を受講するためには「ケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)」に合格しなければならない。
■受験資格は保健・医療などの法定資格を有し実務経験が5年以上の者、資格を有しない場合で介護の実務経験が10年以上の者など。※各都道府県の担当部署に必ず確認すること。
■試験は、介護支援分野と保健医療福祉サービス分野(保健医療サービスの知識等[基礎・総合]、福祉サービスの知識等)で合計60問。
■出題形式は、5肢択一式及び5肢複択式。

スポンサーリンク

Home > ケアマネージャーとは

Page Top

© 2011-2017 過去問.com