Home > 危険物に関する法令 > 予想問題6-9

予想問題6-9

製造所等において、危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物の周囲に保有しなければならない空地(以下「保有空地」という。)について、正しいものはどれか。ただし、特例基準が適用されるものを除く。

1:屋外貯蔵所は、貯蔵所の面積に応じた保有空地が必要である。

2:屋内貯蔵所は、壁、柱及び床を耐火構造とした場合、指定数量の倍数にかかわらず保有空地を必要としない。

3:屋外タンク貯蔵所は、屋外貯蔵タンクの水平断面の半径に等しい距離以上の保有空地が必要である。

4:移動タンク貯蔵所は、屋外に車両を常置する場合、保有空地が必要である。

5:簡易タンク貯蔵所は、簡易貯蔵タンクを屋外に設置する場合、保有空地が必要である。

答:5

1:誤り。屋外貯蔵所は保有空地を必要とするが、保有空地の幅は指定数量の倍数に応じて定められている。

2:誤り。屋内貯蔵所は、指定数量の倍数に応じた保有空地を必要とする。

3:誤り。屋外タンク貯蔵所保有空地を必要とするが、保有空地の幅は指定数量の倍数に応じて定められている。

4:誤り。移動タンク貯蔵所については、保有空地を必要としない。

5:正しい。簡易タンク貯蔵所は、簡易貯蔵タンクを屋外に設置する場合、保有空地が必要である。

スポンサーリンク

Home > 危険物に関する法令 > 予想問題6-9

Page Top

© 2011-2020 過去問.com