Home > 労働基準法関係 > H29-2-23

H29-2-23

下図は、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の4週間の運転時間の例を示したものである。図の空欄A、B、C、Dについて、次の選択肢1~4の運転時間の組み合わせを当てはめた場合、2日を平均し1日当たりの運転時間及び2週間を平均し1週間当たりの運転時間が「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に違反せず、かつ、当該4週間の運転時間の合計が最少となるものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、当該4週間の運転時間は1人乗務のものとする。

答:3

・2日を平均し1日当たりの運転時間について

改善基準により、2日を平均した1日当たりの運転時間は9時間以内としなければならない。
この場合、「特定日の前日と特定日の運転時間の平均」と「特定日と特定日の翌日の運転時間の平均」が、ともに9時間を超える場合に改善基準違反となる。

A 3日と5日の運転時間はそれぞれ9時間なので、4日の運転時間は9時間以下でなければ改善基準違反となる。※選択肢4はこれについて違反となる

B 9日の運転時間は9時間、11日の運転時間は10時間なので、10日の運転時間は9時間以下でなければ改善基準違反となる。

C 15日の運転時間は10時間、17日の運転時間は8時間なので、16日の運転時間は10時間以下でなければ改善基準違反となる。

D 22日の運転時間は10時間、24日の運転時間は9時間なので、23日の運転時間は9時間以下でなければ改善基準違反となる。


・2週間を平均し1週間当たりの運転時間について

改善基準により、2週間を平均した1週間当たりの運転時間は44時間以内としなければならない。
これは特定の日を起算日として2週間ごとに区切り、その2週間ごとに計算する。

選択肢1の第1週~第2週の1週間当たりの運転時間が44.5時間であり、改善基準違反である


・当該4週間の運転時間の合計時間について

上記により、改善基準に違反していない選択肢は2と3であるが、より運転時間が短いのは選択肢3である

スポンサーリンク

Home > 労働基準法関係 > H29-2-23

Page Top

© 2011-2019 過去問.com