Home > 貨物自動車運送事業法関係 > H29-1-4

H29-1-4

貨物自動車運送事業の事業用自動車の運転者に対する点呼についての次の文中、A、B、C、Dに入るべき字句としていずれか正しいものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

1.貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法。以下同じ。)により点呼を行い、次に掲げる事項について報告を求め、及び[ A ]を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために[ B ]をしなければならない。
一 酒気帯びの有無
二 疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無
三 道路運送車両法第47条の2第1項及び第2項の規定による点検の実施又はその確認

2.貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を終了した運転者に対し、対面により点呼を行い、当該乗務に係る事業用自動車、道路及び[ C ]並びに他の運転者と交替した場合にあっては法令の規定による[ D ]について報告を求め、及び酒気帯びの有無について確認を行わなければならない。

A 1:指導 2:確認

B 1:必要な指示 2:適切な助言

C 1:運行の状況 2:貨物の積載状況

D 1:通告 2:乗務する運転者の健康状態

答:A=2 B=1 C=1 D=1

1.貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法。以下同じ。)により点呼を行い、次に掲げる事項について報告を求め、及び[確認]を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために[必要な指示]をしなければならない。
一 酒気帯びの有無
二 疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無
三 道路運送車両法第47条の2第1項及び第2項の規定による点検の実施又はその確認

2.貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を終了した運転者に対し、対面により点呼を行い、当該乗務に係る事業用自動車、道路及び[運行の状況]並びに他の運転者と交替した場合にあっては法令の規定による[通告]について報告を求め、及び酒気帯びの有無について確認を行わなければならない。

スポンサーリンク

Home > 貨物自動車運送事業法関係 > H29-1-4

Page Top

© 2011-2019 過去問.com