Home > 危険物に関する法令 > 予想問題9-15

予想問題9-15

製造所等における危険物の取扱いの技術上の基準について、正しいものはどれか。

1:移動貯蔵タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクに危険物を注入する場合に、移動タンク貯蔵所の原動機を停止させなければならない危険物は、特殊引火物だけである。

2:危険物を焼却して廃棄する場合には、見張人をつけること。ただし、安全な場所で、かつ、燃焼又は爆発によって他に危害又は損害を及ぼすおそれのない方法で行うときは、見張人をつけなくてよい。

3:販売取扱所においては、危険物は店舗において容器入りのままで販売しなければならない。

4:給油取扱所において自動車等に給油するときは、燃料タンクの位置が給油空地内にあれば、自動車等の一部が給油空地からはみ出したまま給油できる。

5:危険物を詰め替える場合に、防火上安全な場所でないときは、消火器を配置しなければならない。

答:3

1:誤り。移動貯蔵タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクに引火点が40℃未満の危険物を注入するときは、移動タンク貯蔵所の原動機を停止させなければならない。

2:誤り。危険物を焼却して廃棄する場合には、安全な場所で、かつ、燃焼又は爆発によって他に危害又は損害を及ぼすおそれのない方法で行うとともに、見張人をつけなければならない。

3:正しい。販売取扱所においては、危険物は店舗において容器入りのままで販売しなければならない。

4:誤り。給油取扱所においては、自動車等の一部又は全部が給油空地からはみ出したままで注油してはならない。

5:誤り。危険物を詰め替える場合は、防火上安全な場所で行わなければならない。

スポンサーリンク

Home > 危険物に関する法令 > 予想問題9-15

Page Top

© 2011-2019 過去問.com