Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題8-16

予想問題8-16

熱に関する説明について、誤っているものはどれか。

1:単位質量の物体の温度を1℃だけ高めるのに要する熱量を、その物体の比熱という。

2:比熱の大きい物体は、比熱の小さい物体よりも温まりやすく冷えやすい。

3:金属は、非金属よりも熱伝導率が大きい。

4:1気圧において1gの水を温度1K(1℃)高めるのに要する熱量は、4.186Jである。

5:水が沸騰を開始してから蒸気になるまでは、水の温度は一定である。

答:2

1:正しい。単位質量の物体の温度を1℃だけ高めるのに要する熱量を、その物体の比熱という。

2:誤り。比熱の大きい物体は、比熱の小さい物体よりも温まりにくく冷えにくい。

3:正しい。金属は、非金属よりも熱伝導率が大きい。

4:正しい。1気圧において1gの水を温度1K(1℃)高めるのに要する熱量は、4.186Jである。

5:正しい。水が沸騰を開始してから蒸気になるまでは、水の温度は一定である。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題8-16

Page Top

© 2011-2019 過去問.com