Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題7-25

予想問題7-25

消火に関する説明として、誤っているものはどれか。

1:リン酸塩類の消火粉末は、木材などの火炎、油火災および電気設備の火災に使用できる。

2:ハロゲン化物による消火は、すべて窒息効果によるものである。

3:二酸化炭素の主たる消火効果は窒息である。

4:内部(自己)燃焼する物質の火災には、窒息効果による消火は不適切である。

5:水は比熱および気化熱が大きいため、冷却効果が大きい。

答:2

1:正しい。リン酸塩類の消火粉末は、木材などの火炎、油火災および電気設備の火災に使用できる。

2:誤り。ハロゲン化物による消火は、抑制効果と窒息効果によるものである。

3:正しい。二酸化炭素の主たる消火効果は窒息である。

4:正しい。内部(自己)燃焼する物質の火災には、窒息効果による消火は不適切である。

5:正しい。水は比熱および気化熱が大きいため、冷却効果が大きい。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題7-25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com