Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題7-17

予想問題7-17

熱に関する説明について、正しいものはどれか。

1:熱伝導率が大きいほど温まりにくい。

2:熱伝導率が小さいほど冷めやすい。

3:一般的に、熱伝導率は固体が一番小さい。

4:温度の異なる2つの物質を接触させると、温度の高い方から低い方へ移る。

5:熱を与えた時に物質が膨張する割合を熱伝導率という。

答:4

1:誤り。熱伝導率が大きいほど温まりやすい。

2:誤り。熱伝導率が小さいほど冷めにくい。

3:誤り。一般的に、熱伝導率は気体が一番小さい。

4:正しい。温度の異なる2つの物質を接触させると、温度の高い方から低い方へ移る。

5:誤り。熱を与えた時に物質が膨張する割合は熱膨張率という。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題7-17

Page Top

© 2011-2019 過去問.com