Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題6-22

予想問題6-22

可燃性ガスと空気の混合気体の燃焼範囲の説明として、誤っているものはどれか。

1:燃焼可能な混合気体の可燃性ガスの濃度範囲をいう。

2:可燃性ガスの種類により異なる。

3:同じ可燃性ガスでも、温度が高くなると、燃焼下限界の値は小さくなる。

4:圧力が、ある値より小さいと、いかなる濃度でも着火しない。

5:一般に、燃焼上限界が低く、燃焼下限界が高いものほど危険性が大きい。

答:5

1:正しい。燃焼範囲とは、燃焼可能な混合気体の可燃性ガスの濃度範囲をいう。

2:正しい。燃焼範囲は、可燃性ガスの種類により異なる。

3:正しい。同じ可燃性ガスでも、温度が高くなると、燃焼下限界の値は小さくなる。

4:正しい。圧力が、ある値より小さいと、いかなる濃度でも着火しない。

5:誤り。一般に、燃焼範囲が広く、燃焼下限界が低いものほど危険性が大きい。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題6-22

Page Top

© 2011-2020 過去問.com