Home > 危険物に関する法令 > 予想問題6-5

予想問題6-5

危険物取扱者について、正しいものはどれか。

1:甲種危険物取扱者だけが、危険物保安監督者になることができる。

2:危険物施設保安員を置いている製造所等には危険物取扱者を置く必要はない。

3:丙種危険物取扱者は、危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱うときの立会いはできない。

4:すべての乙種危険物取扱者は、丙種危険物取扱者が取り扱える危険物を自ら取り扱うことができる。

5:免状の交付を受けていても、製造所等の所有者等から選任されなければ、危険物取扱者ではない。

答:3

1:誤り。甲種危険物取扱者又は乙種危険物取扱者で、6月以上危険物取扱いの実務経験を有する者が、危険物保安監督者になることができる。

2:誤り。危険物施設保安員を置いていたとしても、製造所等には危険物取扱者を置く必要がある。

3:正しい。丙種危険物取扱者は、危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱うときの立会いはできない。

4:誤り。乙種第4類の危険物取扱者は、丙種危険物取扱者が取り扱える危険物を自ら取り扱うことができる。

5:誤り。免状の交付を受けていれば、危険物取扱者である。

スポンサーリンク

Home > 危険物に関する法令 > 予想問題6-5

Page Top

© 2011-2019 過去問.com