Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題5-24

予想問題5-24

消火方法の説明として、誤っているものはどれか。

1:可燃物を取り去るために、配管の元弁を閉鎖してガスや油の供給を停止する。

2:燃焼物を引火点または分解温度未満の温度に冷却するために、水または水系の消火剤を放射する。

3:酸素の供給を遮断するために、泡消火剤で可燃物を覆う。

4:空気中の酸素を、可燃物が燃焼を停止する濃度以下に希釈するために、二酸化炭素消火剤を放射する。

5:燃焼中の連鎖反応を、消火剤の負の触媒作用により遅らせるために、窒素ガス消火剤を放射する。

答:5

1:正しい。可燃物を取り去るために、配管の元弁を閉鎖してガスや油の供給を停止することは、除去効果による消火方法に該当する。

2:正しい。燃焼物を引火点または分解温度未満の温度に冷却するために、水または水系の消火剤を放射することは、冷却効果による消火方法に該当する。

3:正しい。酸素の供給を遮断するために、泡消火剤で可燃物を覆うことは、窒息効果による消火方法に該当する。

4:正しい。空気中の酸素を、可燃物が燃焼を停止する濃度以下に希釈するために、二酸化炭素消火剤を放射することは、窒息効果による消火方法に該当する。

5:誤り。燃焼中の連鎖反応を、消火剤の負の触媒作用により遅らせるためには、ハロゲン化物消火剤を使用する。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題5-24

Page Top

© 2011-2019 過去問.com