Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題5-21

予想問題5-21

シャルルの法則の説明として、正しいものはどれか。

1:気体体積は温度1℃上昇するごとに0℃のときの体積の1/273ずつ増加する。

2:すべての種類の気体は、同一圧力、同一温度、同一体積のとき、同じ数の分子を含む。

3:化合物を構成する成分元素の質量の比は常に一定である。

4:気体どうしが反応し、その生成した生成物が気体のとき、それら気体の体積比は、同一圧力、同一温度のもとでは簡単な整数比が成り立つ。

5:気体体積は圧力に反比例する。

答:1

1:正しい。シャルルの法則「気体体積は温度1℃上昇するごとに0℃のときの体積の1/273ずつ増加する。」

2:誤り。アボガドロの法則「すべての種類の気体は、同一圧力、同一温度、同一体積のとき、同じ数の分子を含む。」

3:誤り。定比例の法則「化合物を構成する成分元素の質量の比は常に一定である。」

4:誤り。気体反応の法則「気体どうしが反応し、その生成した生成物が気体のとき、それら気体の体積比は、同一圧力、同一温度のもとでは簡単な整数比が成り立つ。」

5:誤り。ボイルの法則「気体体積は圧力に反比例する。」

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題5-21

Page Top

© 2011-2019 過去問.com