Home > 問41~問60(対策) > 第18回-問題55

第18回-問題55

以下の米国立標準・技術院が開発したALE(Annual Loss Exposure)による、年間予想損失額を算出する定量的評価手法を用いて、企業Z社のALEを算出した結果を、ア~エで答えなさい。
ここでは、1回あたりの予想損失額を2億円、従来の損失が発生する予想頻度は10%であるが、ある対策を施すことによって、障害の頻度は半減する。また、その他の損失金額は考慮しないものとする。

ALE=f×i

f:損失が発生する予想頻度 i:1回あたりの予想損失額

ア:900万円

イ:1,000万円

ウ:1,800万円

エ:2,000万円

答:イ

ALE=f×i

f:損失が発生する予想頻度 i:1回あたりの予想損失額

f:損失が発生する予想頻度は10%であるが、ある対策を施すことによって半減するため5%となる。

i:1回あたりの予想損失額は2億円である。

ALE=5%×2億円=1,000万円

Home > 問41~問60(対策) > 第18回-問題55

Page Top

© 2011-2018 過去問.com