Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題16

第18回-問題16

以下のアからエまでの記述のうち、個人情報の適正な取得に関する【事例A】から【事例C】までの内容として正しいものを1つ選びなさい。

【事例A】

親の同意がなく、十分な判断能力を有していない子どもから、取得状況から考えて関係のない親の収入事情などの家族の個人情報を取得した。

【事例B】

個人情報保護法の規定に違反した第三者提供に当たることを容易に知ることができるにもかかわらず、個人情報を取得した。

【事例C】

不正の手段で個人情報が取得されたものであることを知りつつ、当該個人情報を取得した。

ア:Aのみ、不正の手段により個人情報を取得しているとはいえない。

イ:Bのみ、不正の手段により個人情報を取得しているとはいえない。

ウ:Cのみ、不正の手段により個人情報を取得しているとはいえない。

エ:すべて、不正の手段により個人情報を取得しているといえる。

答:エ

【事例A】誤り。
親の同意がなく、十分な判断能力を有していない子どもから、取得状況から考えて関係のない親の収入事情などの家族の個人情報を取得した場合は、不正の手段により個人情報を取得しているといえる。

【事例B】誤り。
個人情報保護法の規定に違反した第三者提供に当たることを容易に知ることができるにもかかわらず、個人情報を取得した場合は、不正の手段により個人情報を取得しているといえる。

【事例C】誤り。
不正の手段で個人情報が取得されたものであることを知りつつ、当該個人情報を取得した場合は、不正の手段により個人情報を取得しているといえる。


個人情報の保護に関する法律

(適正な取得)
第十七条 個人情報取扱事業者は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない。

Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題16

Page Top

© 2011-2018 過去問.com