Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題6

第18回-問題6

個人情報保護法に関する以下のアからエまでの記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

ア:個人情報保護法は、全編が同時に施行された。

イ:個人情報保護法は、民間事業者を対象とした義務規定のみならず、個人情報保護法制の基本法としての性格も併せ持つ法律である。

ウ:個人情報の保護については、個人情報保護法のほか、地方公共団体の条例等でも定めが置かれている。

エ:個人情報保護法の制定以前にも、我が国において個人情報の保護について定めた法律が存在した。

答:ア

ア:誤り。個人情報保護法は、2003年5月の公布と同時に一部が施行され、2005年4月に全面施行された。

イ:正しい。個人情報保護法は、民間事業者を対象とした義務規定のみならず、個人情報保護法制の基本法としての性格も併せ持つ法律である。

ウ:正しい。個人情報の保護については、個人情報保護法のほか、地方公共団体の条例等でも定めが置かれている。

エ:正しい。個人情報保護法の制定以前にも、我が国において個人情報の保護について定めた法律が存在した。

Home > 問1~問20(総論) > 第18回-問題6

Page Top

© 2011-2018 過去問.com