Home > 問1~問20(総論) > 第17回-問題14

第17回-問題14

個人情報の利用目的に関する以下のアからエまでの記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

ア:「取得した個人情報を名簿として販売する」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

イ:「家具販売事業における新商品に関する情報のお知らせのため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

ウ:「伝票の印刷・発送サービスを業として行うため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

エ:「事業活動に用いるため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

答:エ

ア:正しい。「取得した個人情報を名簿として販売する」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

イ:正しい。「家具販売事業における新商品に関する情報のお知らせのため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

ウ:正しい。「伝票の印刷・発送サービスを業として行うため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものといえる。

エ:誤り。「事業活動に用いるため」という利用目的は、利用目的をできる限り具体的に特定しているものとはいえない。


個人情報の保護に関する法律

(利用目的の特定)
第十五条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。
2 個人情報取扱事業者は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。

Home > 問1~問20(総論) > 第17回-問題14

Page Top

© 2011-2018 過去問.com