Home > 原動機及び電気 > R2前期-問25

R2前期-問25

クレーンの給電装置に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:イヤー式のトロリ線給電は、トロリ線の充電部が露出しており、設置する場所によっては感電する危険がある。

2:爆発性のガスや粉じんが発生するおそれのある場所では、キャブタイヤケーブルを用いた防爆構造の給電方式が採用される。

3:パンタグラフのホイール式やシュー式の集電子の材質には、砲金、カーボン、特殊合金などが用いられる。

4:トロリ線給電のうち絶縁トロリ線方式のものは、一本一本のトロリ線がすその開いた絶縁物で被覆されており、集電子はその間を摺動して集電する。

5:旋回体、ケーブル巻取式などの回転部分への給電には、トロリバーが用いられる。

答:5

1:正しい。イヤー式のトロリ線給電は、トロリ線の充電部が露出しており、設置する場所によっては感電する危険がある。

2:正しい。爆発性のガスや粉じんが発生するおそれのある場所では、キャブタイヤケーブルを用いた防爆構造の給電方式が採用される。

3:正しい。パンタグラフのホイール式やシュー式の集電子の材質には、砲金、カーボン、特殊合金などが用いられる。

4:正しい。トロリ線給電のうち絶縁トロリ線方式のものは、一本一本のトロリ線がすその開いた絶縁物で被覆されており、集電子はその間を摺動して集電する。

5:誤り。旋回体やケーブル巻取式などの回転部分への給電には、スリップリングが用いられる。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > R2前期-問25

Page Top

© 2011-2021 過去問.com