Home > クレーン及びデリック > R1後期-問9

R1後期-問9

クレーンの種類、型式及び用途に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:橋形クレーンは、クレーンガーダに脚部を設けたクレーンで、一般に、地上又は床上に設けたレール上を移動するが、作業範囲を広げるためクレーンガーダにスイングレバーと呼ばれる張り出し部を設け、走行レールの外側につり荷が移動できるようにしたものもある。

2:スタッカー式クレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有するクレーンで、倉庫などの棚への荷の出し入れに使用される。

3:クライミング式ジブクレーンのクライミング方法には、マストクライミング方式とフロアークライミング方式がある。

4:レードルクレーンは、製鋼関係の工場で用いられる特殊な構造の天井クレーンである。

5:テルハは、通常、工場、倉庫などの天井に取り付けられたレールであるI形鋼の下フランジに、電気ホイスト又は電動チェーンブロックをつり下げたクレーンで、荷の巻上げ・巻下げとレールに沿った横行のみを行う。

答:1

1:誤り。橋形クレーンは、クレーンガーダに脚部を設けたクレーンで、一般に、地上又は床上に設けたレール上を移動するが、作業範囲を広げるため走行レールの外側にカンチレバーを設けたものもある。

2:正しい。スタッカー式クレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有するクレーンで、倉庫などの棚への荷の出し入れに使用される。

3:正しい。クライミング式ジブクレーンのクライミング方法には、マストクライミング方式とフロアークライミング方式がある。

4:正しい。レードルクレーンは、製鋼関係の工場で用いられる特殊な構造の天井クレーンである。

5:正しい。テルハは、通常、工場、倉庫などの天井に取り付けられたレールであるI形鋼の下フランジに、電気ホイスト又は電動チェーンブロックをつり下げたクレーンで、荷の巻上げ・巻下げとレールに沿った横行のみを行う。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > R1後期-問9

Page Top

© 2011-2020 過去問.com