Home > クレーン及びデリック > R1後期-問8

R1後期-問8

クレーンに関する用語の記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:天井クレーンのキャンバとは、クレーンガーダに荷重がかかったときに生じる下向きのそり(曲がり)をいう。

2:定格速度とは、つり上げ荷重に相当する荷重の荷をつって、巻上げ、走行、横行、旋回などの作動を行う場合の、それぞれの最高の速度をいう。

3:クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。

4:ジブの傾斜角とは、ジブクレーンのジブの中心線と旋回中心を通る鉛直線とのなす角をいい、作業半径が大きくなると傾斜角も大きくなる。

5:天井クレーンのスパンとは、クラブトロリの移動する距離をいう。

答:3

1:誤り。キャンバとは、あらかじめガーダに与える上向きのそり(曲がり)をいう。

2:誤り。定格速度とは、定格荷重に相当する荷重の荷をつって、巻上げ、走行、横行、旋回などの作動を行う場合のそれぞれの最高の速度をいう。

3:正しい。クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。

4:誤り。ジブの傾斜角とは、ジブクレーンのジブの中心線と水平面とがなす角をいい、作業半径が大きくなると傾斜角は小さくなる。

5:誤り。スパンとは、走行レール中心間の水平距離をいい、横行範囲とは、クラブトロリの移動する距離をいう。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > R1後期-問8

Page Top

© 2011-2020 過去問.com