Home > クレーン及びデリック > R1後期-問4

R1後期-問4

クレーンの機械要素に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:平座金は、当たり面の悪いところ、傷つきやすいところなどに用いられる。

2:歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができる。

3:キー板は、固定軸の回転や軸方向への抜け出しを防ぐために用いられる。

4:転がり軸受は、玉やころを使った軸受で、回転の際の摩擦抵抗が非常に小さい。

5:六角ボルトを使用する際は、接合部材間の摩擦力を高めるため、ボルトの取付穴はボルトの径より若干小さめに空ける。

答:5

1:正しい。平座金は、当たり面の悪いところ、傷つきやすいところなどに用いられる。

2:正しい。歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができる。

3:正しい。キー板は、固定軸の回転や軸方向への抜け出しを防ぐために用いられる。

4:正しい。転がり軸受は、玉やころを使った軸受で、回転の際の摩擦抵抗が非常に小さい。

5:誤り。六角ボルトの取付け穴はボルトの径より若干大きめにあける。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > R1後期-問4

Page Top

© 2011-2020 過去問.com