Home > 関係法令 > H30後期-問19

H30後期-問19

クレーンの運転の業務に関する記述として、法令上、正しいものは次のうちどれか。

1:床上操作式クレーン運転技能講習の修了で、つり上げ荷重8tの無線操作方式の橋形クレーンの運転の業務に就くことができる。

2:クレーンの運転の業務に係る特別の教育の受講では、つり上げ荷重4tの機上で運転する方式の天井クレーンの運転の業務に就くことができない。

3:床上運転式クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許で、つり上げ荷重10tのマントロリ式橋形クレーンの運転の業務に就くことができる。

4:限定なしのクレーン・デリック運転士免許では、つり上げ荷重30tのアンローダの運転の業務に就くことができない。

5:クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許で、つり上げ荷重6tの床上運転式天井クレーンの運転の業務に就くことができる。

答:5

1:誤り。床上操作式クレーン運転技能講習の修了では、つり上げ荷重5t未満のクレーンの運転の業務及びつり上げ荷重5t以上の床上操作式クレーン・跨線テルハの運転の業務に就くことができる。

2:誤り。クレーンの運転の業務に係る特別の教育の受講では、つり上げ荷重5t未満のクレーンの運転の業務及びつり上げ荷重5t以上の跨線テルハの運転の業務に就くことができる。

3:誤り。床上運転式クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許では、つり上げ荷重5t未満のクレーンの運転の業務及びつり上げ荷重5t以上の床上運転式クレーン・床上操作式クレーン・跨線テルハの運転の業務に就くことができる。

4:誤り。限定なしのクレーン・デリック運転士免許では、すべてのクレーン及びデリックの運転の業務に就くことができる。

5:正しい。クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許で、つり上げ荷重5t以上のクレーンの運転の業務に就くことができる。

スポンサーリンク

Home > 関係法令 > H30後期-問19

Page Top

© 2011-2020 過去問.com