Home > 力学 > H29前期-問31

H29前期-問31

力に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:力が物体に作用する位置をその作用線上以外の箇所に移すと、物体に与える効果が変わる。

2:一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、その二つの力の大きさの和又は差で求められる。

3:物体の一点に二つ以上の力が働いているとき、その二つ以上の力をそれと同じ効果を持つ一つの力にまとめることができる。

4:力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。

5:力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線におろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F/Lで求められる。

答:5

1:正しい。力が物体に作用する位置をその作用線上以外の箇所に移すと、物体に与える効果が変わる。

2:正しい。一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、その二つの力の大きさの和又は差で求められる。

3:正しい。物体の一点に二つ以上の力が働いているとき、その二つ以上の力をそれと同じ効果を持つ一つの力にまとめることができる。

4:正しい。力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。

5:誤り。力の大きさをF、回転軸の中心から力の作用線におろした垂線の長さをLとすれば、力のモーメントMは、M=F×Lで求められる。

スポンサーリンク

Home > 力学 > H29前期-問31

Page Top

© 2011-2018 過去問.com