Home > クレーン及びデリック > H29前期-問9

H29前期-問9

クレーンの安全装置などに関し、正しいものは次のうちどれか。

1:カム形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、フックブロックの上面によりカムを押し上げてリミットスイッチを作動させる方式である。

2:レバー形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、巻上げ過ぎ及び巻下げ過ぎの両方の位置制限を1個のリミットスイッチで行うことができる。

3:同一ランウェイ上に2台のクレーンが設置されている場合の衝突防止装置には、リミットスイッチ式、光式及び超音波式のものがある。

4:直働式巻過防止装置のうち重錘形リミットスイッチ式のものは、ワイヤロープを交換した後の作動位置の再調整が必要である。

5:クレーンのフックの外れ止め装置にはレバー式とウェイト式があるが、小型・中型のクレーンではウェイト式のものが多く使われている。

答:3

1:誤り。カム形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、カムの回転角に応じて、定められた位置でスイッチを作動させるものである。レバー型リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、フックブロックの上面によりカムを押し上げてリミットスイッチを作動させる方式である。

2:誤り。ねじ形リミットスイッチやカム形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、巻上げ過ぎ及び巻下げ過ぎの両方の位置制限を1個のリミットスイッチで行うことができる。

3:正しい。同一ランウェイ上に2台のクレーンが設置されている場合の衝突防止装置には、リミットスイッチ式、光式及び超音波式のものがある。

4:誤り。直働式の巻過防止装置は、ワイヤロープを交換した後の作動位置の再調整が不要である。

5:誤り。クレーンのフックの外れ止め装置には、ばねを用いたばね式と、外れ止め金具に取り付けたおもりの自重によるウェイト式がある。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > H29前期-問9

Page Top

© 2011-2018 過去問.com