Home > 原動機及び電気 > H28後期-問30

H28後期-問30

感電災害及びその防止に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:100V以下の電圧であっても、感電によって人体を流れる電流が大きいと死亡することがある。

2:感電によって人体を流れる電流の大きさは、充電部分に触れた皮膚の状態などにより異なる。

3:感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に500ミリアンペア秒をもって安全限界としている。

4:電気機器の外被から導線を用いて大地につなぐことを、接地という。

5:感電した者への救急処置は、電源スイッチを切り、その者を感電箇所から引き離してから行う。

答:3

1:正しい。100V以下の電圧であっても、感電によって人体を流れる電流が大きいと死亡することがある。

2:正しい。感電によって人体を流れる電流の大きさは、充電部分に触れた皮膚の状態などにより異なる。

3:誤り。感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に50ミリアンペア秒をもって安全限界としている。

4:正しい。電気機器の外被から導線を用いて大地につなぐことを、接地という。

5:正しい。感電した者への救急処置は、電源スイッチを切り、その者を感電箇所から引き離してから行う。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > H28後期-問30

Page Top

© 2011-2018 過去問.com