Home > 力学 > H22後期-問31

H22後期-問31

力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:一つの物体に大きさの異なる複数の力が作用して物体が動くとき、その物体は最も大きい力の方向に動く。

2:物体に作用する一つの力を、互いにある角度を持つ二つ以上の力に分けることを力の分解という。

3:一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、それらの和又は差で示される。

4:力のモーメントの大きさは、力の大きさと腕の長さの積で求められる。

5:力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。

答:1

1:誤り。一つの物体に大きさの異なる複数の力が作用して物体が動くとき、その物体は合力の方向に動く。

2:正しい。物体に作用する一つの力を、互いにある角度を持つ二つ以上の力に分けることを力の分解という。

3:正しい。一直線上に作用する二つの力の合力の大きさは、それらの和又は差で示される。

4:正しい。力のモーメントの大きさは、力の大きさと腕の長さの積で求められる。

5:正しい。力の作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。

スポンサーリンク

Home > 力学 > H22後期-問31

Page Top

© 2011-2018 過去問.com